blogお知らせ/ブログ

2022.10.11
社内のこと

1ヶ月の工事件数について

こんにちは!

最近、『SEIKOHOMEさんここで工事してるでしょ〜!』

不動産屋さんや以前工事でお手伝いさせて頂いたお施主さんからありがたい目撃情報のお声をいただくことが増えました。
前工事したお施主さんからの久しぶりの連絡は嬉しいものです!!

と、こんな感じに解体工事のわりに主張激しめでやらせていただいております。

いえいえいえ、
弊社のBIGBOSSが派手好きだからじゃありませんよ笑

これは、
解体業者として潔く会社名を全面に出して正々堂々恥じない工事をする心構えです!!

あとは〜、宣伝とか宣伝とかです。笑

まぁ宣伝といっても、これから解体を考えている少しでもたくさんの方が悪い解体業者に捕まらないように、弊社で安心して任せてもらえませんか?というメッセージです!

解体工事は金額も大きく、お施主様との信頼関係が1番大切だと考えます。今お考えの業者さんにちょっとでも不安があったり、ちょっとした違和感があったら危険かもです!その違和感意外とあたってます。ぜひ私たちに任せていただけたら最後まで責任を持って完了させてみせますのでご連絡ください!

そんなこんなで1ヶ月に何件着工してるかというと、、、

2022年6月 75件
2022年7月 57件
2022年8月 56件
2022年9月 79件

2022年6月から今月までのデータを拾ってきました!

小さい工事も含んでいますが平均で約66件着工してます!
弊社は工事件数が多いのも特徴の一つでその分、工事にかかる様々な価格を抑えられているのでお客様から適切な値段で請け負うことが可能になっています。

営業が丁寧に信頼関係を築いていただいた仕事を
事務と管理と職人で大切に完了までもっていく。
その成果物をみて、また工事を頂ける。

これが弊社のサイクルで、全員がお互いを理解し、尊敬し合い各ポジションがベストを尽くすことで、良い工事ができていると思います。

自慢話ばかりする男はモテないと聞いたことがあるので、このへんで。

もちろん、件数が多いことはありがたくて嬉しいことですが、
件数が多いなりに課題もたくさんあります。
・全現場のクオリティを上げ、もっと現場と意思疎通がしたい
・それに伴う現場監督の採用
などなど、件数が増えるにつれてクオリティを落とさないことが課題です。

10月11月はまた新しい社員が数人増えるので
スタッフページも充実します!お楽しみに!

この記事を書いた人

マネージャー

小澤 賢之助

KENNOSUKE KOZAWA

会社全体が同じ方向を向き、目標に達するためにサポートすることが私の使命です。
また、社内のデザイン全般を担当しており、
Seikohomeを皆様にうまく伝えることが仕事です。
ブログも書いているので見てみてくださいね!

SHARE THIS POST

RELATED POSTS

新しい事務所

職人会議

感謝の気持ちを忘れずに

TOP