blogお知らせ/ブログ

2020.11.16
解体知識

全てを壊す解体だけではありません

今回は内装解体についてです。

解体と聞くと主に一棟丸ごと重機での壊す解体を頭に浮かべると思います。

ですが改修工事などに伴う解体はそうではありません。

ただ壊すだけでは無く今ある必要な部分を残して次に生かすというかなり繊細な作業になります。

もちろん弊社は工場の改修工事や戸建てのリフォームなどに携わっていますのでそのような解体工事も請け負っています。

次に生かす部分に破片が飛び散ったり道具が当たって他の場所が傷ついてしまう恐れがあるため床の養生や、リフォームの際はエレベーターの養生など様々な面で気をつける必要があります。

ただどんな解体工事でも変わらないことは次に繋げるということです。

僕たちも変わりません。安心して次を迎えれるよう誠心誠意、解体工事に努めていきます。

この記事を書いた人

営業部長

小川 智裕

TOMOHIRO OGAWA

趣味はゲーム、アニメと会社の中ではそこもみんなとは変わっています。
あと誰とでも仲良くなれるタイプです。

SHARE THIS POST

RELATED POSTS

立会いとは?

埋設物について

解体の職人はトルコ人が多い!?

TOP