blogお知らせ/ブログ

2020.10.12
解体知識

整地について

今回は整地について書いていきたいと思います。

まずは私たちの仕事は一般的な仕事とは異なる点があります。

解体業という仕事と他の仕事との大きな違いは

一般的な事業
何かしらの商品・サービスを与えてその対価をいただく

私たちの解体業
私たちの仕事は、失うことにお金を払っていただいています。

建物を壊し更地の状態にする価値を提供していますが、
なにか形として与えられるものはありません。

唯一、私たちが成果物として残せるものは、建物を取り壊した後の更地です。

私たちは、それだけ整地作業にこだわりを持っています。

解体後すぐに次の工事が入るとは限らないので、
雨が降っても一箇所だけ沈まないように工夫したり、
土が道に流れないように土留めを設置したり、
天候や土の状況によって整地作業の方法も変わってきます。

もちろん解体工事の最終確認の時も、
重機のバケットから落ちた細かいガラなどは、
職人に手拾いで、拾ってもらうことを徹底しています。
※ただし、こぶしより細かいものは
莫大な時間と人工がかかるので別途費用になることがあります。

お施主様が解体工事が完了した後の更地をみて、
気持ちの整理がつき、ホッと一安心できるような更地を目指しています。

この記事を書いた人

マネージャー

小澤 賢之助

KENNOSUKE KOZAWA

現場が着工する事前準備から工事完了までしっかり管理をしています。
また、社内のデザイン全般を担当しており、
Seikohomeを皆様にうまく伝えることが私の使命です。

SHARE THIS POST

RELATED POSTS

切り離し解体

埋設物について

解体の職人はトルコ人が多い!?

TOP