blogお知らせ/ブログ

2023.01.27
解体知識

【解体工事 よくある質問vol.3】

Q.見積りだけになってしまっても大丈夫ですか?

A.もちろん大丈夫です!2〜3社相見積もり取られる方がほとんどです。解体工事での業者選びは明暗を大きく左右します。

どこをポイントとして見たら良いかお教えします!

★金額

もちろん大切です。
見積項目毎に金額が細分化されているか?
細分化されている金額がきちんと説明できるかどうか?

★特記事項

特記事項に注意点がしっかり明記されているかどうか?後々、お互いがトラブルにならないような内容になっているか?

★会社実態

その解体業社の実態を確認するためにホームページなどSNSを確認し、
どんな思いでどんな工事をしているのか?
解体工事に必要な許可は持っているのか?
不透明なところがないか?
また、実績件数はその会社の信頼度にもつながっていきます。

★担当者の対応

『工事は人です』

たとえ金額が安くてその会社が良くても担当者が適当なら最悪です。

そんな担当者がいる会社は良い業者とは言えないですが。

しっかり連絡が取れる。約束が守れる。人の気持ちがわかる。

人としてあたりまえのことができる担当者にお願いしましょう!

まとめると、

相見積もりを取ること自体はお勧めします!しかし金額だけをみてしまうとかなり危険です。

見積りの説明希望や現地で顔合わせをしたりその会社とその担当者を見極めましょう。トラブルが起こる可能性が高い業界で、誠実に親身になって動いてくれるかどうかが業者選びの鍵になると思います。

また、弊社は御見積もりを出しただけでしつこい営業電話や営業メールはいたしません!

お施主様が検討する時間やスピード感など人それぞれあると思います。

急かすような行為はジェントルマンじゃありませんからね!

思いやりと余裕をもって対応させていただきます!

この記事を書いた人

マネージャー

小澤 賢之助

KENNOSUKE KOZAWA

会社全体が同じ方向を向き、目標に達するためにサポートすることが私の使命です。
また、社内のデザイン全般を担当しており、
Seikohomeを皆様にうまく伝えることが仕事です。
ブログも書いているので見てみてくださいね!

SHARE THIS POST

RELATED POSTS

全てを壊す解体だけではありません

1ヶ月の工事件数について

冬の解体

TOP