blogお知らせ/ブログ

2021.02.05
社内のこと

解体の職人はトルコ人が多い!?

皆さん、解体工事の現場で外国人の職人をよく目にしたことがあると思います。

もちろん弊社でも外国人の職人を数多く採用しています。
その中でも解体工事の職人はトルコ人が多いんです!なぜかはわかりませんが、、、

よく安いから外国人を使うんでしょ?

と言われることがありますが、私たちが金額だけで職人を選ぶなんてそんなリスクがあることは決してしません。今日はなぜ私たちがトルコ人を採用するのかその理由を少し紹介したいと思います。

① 真面目で働きもの

トルコ人は仕事に実直でよく働きます。
おまけに仕事も丁寧で、まさに職人技!!!
どんな時でも一生懸命働いているところを見るとパワーをもらいます!

② スピードが早い

黙々と仕事をこなしますし、職人同士のコミュニケーションも円滑なので、
工事のスピードが早いです。早いからと言って工事が雑なわけではなくクオリティの高い完成品を見せてくれます。

③ 元気が良くて陽気

いつでも現場へ行くといつも爽やかにあいさつしてくれます。
また私たちが急に現場にいけないときに近隣の方にもしっかりとした対応ができます。
たまに日本人の無愛想な職人を見かけますが、私だったら周りの方にも優しく明るく対応できるトルコ人を採用したいですね。

④ 思いやりがあって優しい

私が知ってるトルコ人は皆優しいです。
いつもトルコのお菓子やお土産を持ってきてくれます。
純粋な気持ちで自分から他人にギフトできる優しい人たちばかりです。
時には私のことを心配してくれた電話をくれたり、皆暖かいんですヨ。
その思いやりの心が工事にも出ているのではないかと思います。

残念なことに日本にいるトルコ人の中には、悪いことを考ている人もいます。
こんなに真面目に働いているトルコ人もいるのに、一概に『ああ、トルコ人は、、』と片付けてしまうのは残念です。
ただ私たちが採用しているトルコ人の職人ははじめに必ず面談をし、採用基準をクリアした業者しか採用しておりません。

また、『日本人しかダメ!』とおっしゃられる方もある程度はみえます。
怖かったり、いろんなイメージがあって、そう思われるのも仕方のないことだと思いますが、
今回お伝えしたいことは、弊社が採用しているトルコ人の職人は皆明るくて優しくて仕事もプロフェッショナルにこなす部隊です。だからこそお客様の大切な工事を任せられます。

今回、トルコ人職人についてのブログでしたが
また、近所でトルコ人が工事していたら、気軽に声をかけてみてくださいね!
今日私が書いたことが少しわかるかも?です!!

この記事を書いた人

現場監督/デザイナー

小澤 賢之助

KENNOSUKE KOZAWA

現場が着工する事前準備から工事完了までしっかり管理をしています。
また、社内のデザイン全般を担当しており、
Seikohomeを皆様にうまく伝えることが私の使命です。

SHARE THIS POST

RELATED POSTS

新年あけましておめでとうございます!

『提案力』

新築に建て替えるための解体

TOP